あなたに足りないのは、シンプルすぎるほどの自然体!頑張りすぎてオヤジ化した女性の本能を、シンプルマクロビオティックで最大限に引き出します。

ママから塾が目指すもの

  • HOME »
  • ママから塾が目指すもの

 『健康な赤ちゃんを産むためのママの体づくり塾』に
ご興味をいただきありがとうございます。

このページでは、 『健康な赤ちゃんを産むためのママの体づくり塾』
(ママから塾)とは何かを、ご説明いたします。

 

なぜ、こんなにも多い。出産の悩み。

健康相談をしていて気になることに、赤ちゃんが生まれてから
「アトピーなのですが、どうしたら良いのでしょうか」
と相談を受けることがあります。

仕事が忙しく、結婚をしてから赤ちゃんが生まれるまで、
自分の体づくりに目をむけることがなかったのでしょう。

その為にアトピーで生まれてしまったのかもしれません。

 

妊娠の確認に病院へ行って「子宮筋腫が見つかった」
という方もいらっしゃいます。

筋腫とは、良性のガンとも言われ、
細胞が正常に育っていない状態です。

筋腫のあると云われればショックでしょう。

でも、体内が汚れてしまう原因を作ってしまった
そういう体質を作ってしまったということは、
お腹の赤ちゃんを育てる環境としての、リスクが高くなるということです。

単純に考えても、筋腫ができるような血液の状態では、
赤ちゃんの育つ羊水を少しでもきれいにしてあげる対策を
取らなくてはいけません。

「赤ちゃんが出来ました」
「おめでとう」

では、済まされないということが、理解できると思います。

「不妊治療をしても、赤ちゃんができません」
そんな声も聞こえてきます。

そんな時には、お医者様だけを頼るのではなく
何が赤ちゃんがお腹に入りたくない原因なのかを
考える必要があるのです。

 

現代の女性は知りません。

せっかく赤ちゃんを授かっても、ママの悩みは尽きないものです。

朝から晩まで泣く我が子に、ノイローゼになってしまうママも
最近では増えています。

 

赤ちゃんがクズるのは、赤ちゃんの体調の悪いのが原因です。

赤ちゃんは健康なら、眠って、おっぱいを飲んで、
オシッコやウンチをして、また寝るだけです。

知恵がついて機嫌が良ければ、にこにこと笑って一人遊びをしています。

 

健康なら、

  • オムツかぶれもありません。
  • 夜泣きもしません。
  • アセモでかぶれることもありません。
  • 抱っこをせがむこともありません。
  • 短い睡眠しかとれないこともありません。
  • おっぱいを噛み付くこともありません。
  • 風邪もひきません。
  • 意味もなく泣くこともありません。

子育てで難しいことは、1つもないのです。

 

では、楽しい子育てをする為には、
お母さんはどのような生活をしたらよいのでしょうか?

あなたなら、こんな時に誰の意見を参考にしますか?

確実な答えを知りたければ、経験者であるお婆さん
に聞くのが一番早くて正しい方法です。

しかも、応用力があるのも経験があるお婆さんです。

ところが、お婆さんのの知恵や知識を鵜呑みにして、
赤ちゃんを産んだことのないお医者様や保健センターの職員たちに
相談をしてしまう人たちがほとんどです。

子育てに経験のない人がどれだけ知識を集めても、
個人差を埋める応用力はないのです。

 

それぞれの個体には、それぞれに個性があります。

多くの子どもを産んで育てあげたお母さんの先輩に敵う知恵は、
どんなに科学が進んでもあるわけがないのです。

 

なぜ高齢出産と特別扱いされるのでしょうか。

 今は、アンチエイジングでいつまでも若い人たちを多く見かけます。

見た目だけでなく心も若いので、いつでも子どもを産んで
若い人たちと同じように育てられると思っている人も多いかもしれませんね。

自分なら出来る。

今まで、努力と根性で何事もやってきた女性ほど、出産や育児も
努力でどうにでもなるものだと思っているのかもしれません。

でも、実際は妊娠中にトラブルが多いのは、高齢出産と云われる人たちです。

 出来ると思っているのは自分だけなのです。

アンチエイジングだからと若作りをしている人は、
体の中が日に日に赤ちゃんを産み、育てる機能を失っていることにすら
気がついていません

残念ですが、赤ちゃんがまだ育っていないのにお腹から出てきそうになったり、
むくみや糖尿、膀胱炎で苦しむのも、高齢出産の人に多い症状です。

出産の時にもトラブルがあり、帝王切開で産まなくてはいけないとなれば、
お母さんは傷口が治るまで、赤ちゃんを抱くのもストレスになります。

産道を通らずに生まれてきた赤ちゃんは、急な気圧の変化に
頭蓋骨の一部が硬くなるのだそうです。

それが原因で高熱が出るとも云われているのです。

どちらにもストレスが掛かるようなお産は、
幸せなお産とはいえません。 

私はあなたに「幸せなお産をしてもらいたい」
「幸せな子育てをしてもらいたい」
そう願っています。

 

考えてみてください。

若い時には、徹夜をしても全然疲れなかったですよね。
徹夜をした翌日も、ゆっくりと寝れば簡単に回復できたのです。

でも、せっかくの休日なのにいつまでも寝ていることはありませんか?

 それだけあなたの回復力は、落ちていると自覚をして欲しいと思います。

そんな体力で、赤ちゃんを産んで寝ずに育てることができるのでしょうか。
それは努力だけでどうにかなるものなのでしょうか。

そうやって考えた時に、なぜ高齢出産が特別扱いされるのか、
その理由が分かってくれたら嬉しく思います。

 

もっとも怖い、卵子の老化

あなたは、卵子の老化という言葉を聞いたことがありますか?

誤解のないように先にお話をしておきますが、
卵子そのものは、本来老化をするものではありません。

卵子が受精卵として育ちにくくなることを、
一般的に卵子の老化と言っています。

卵子の数が減っていくことを心配する人もいますが、
極論でいえば子どもの欲しい数だけ、健康な卵子があったら
健康な赤ちゃんは生まれます。

つまり、あなたが赤ちゃんを産むために必要なことは、
卵子が受精卵になるその時に良い食事や生活をして、
健康な受精卵を作ることなのです。

では、産みたいと思った時に気をつければよいのかというと、
それでは遅すぎるんですね。

なぜなら、原始卵胞が受精卵として育つまでに、
375日の日数がかかるからなんです。

もちろん、それを大きくするための栄養は、
あなたが普段食べている物です。

『卵子の老化』というのは、あなた自身が老化をしていくことで
卵子が正常に大きく育たなかったり、遺伝子に傷がついたり
することです。

それによって、赤ちゃんが生まれたとしても、
知的な部分に障害がでてしまう子どもが多く生まれています。

 

卵子が老化しにくくなる方法をお教えします。

本来なら、あなた自身が老化をする前に
赤ちゃんを産むのが一番の理想です。

では、若い時に産めばいいのかというと、そうではありません。

若くても食事や生活が悪くて、
すでに老化が始まっている人もいます。

逆に、高齢と云われる人でも食生活に気をつけることで、
体の中は20歳代をキープしている人もいるのです。

芸能人で高齢出産をしている人を多く見かけますが、
芸能人ほど食事に気をつけて健康を維持する仕事はありません。

なぜなら、芸能人は本人が商品だからなんですね。

過酷な仕事でも疲れないように体力をつける。
仕事に穴を開けないために、風邪をひかないようにする。
いつまでも若々しくきれいで、スタイルを崩さないようにする。

その為に、一般人以上に食事には気を使っているのです。

もし、あなたが
「いつまでも若々しくいたい」
「今は仕事で忙しいけれど、一段落したら赤ちゃんを産みたい」

そう考えているのなら、今の体を維持しなくてはいけませんよね。

あなたの歴史の中で、今のあなたが一番若いのです。

一秒経てば、一秒前のあなたより老化してしまいます。

あなたの今を老化させない方法を、私がお教えする。
それが、ママから塾なのです。

 

あなたのライフワークに合わせたアドバイス。

ママから塾では、あなたの何気ない生活習慣の中から、
老化を早めている事を見つけ出し、その生活を控えて
もらうことで体質を改善しています。

とはいっても、あなた自身も
「何が悪いのか分かっているけど、この生活を変えられない」
と思っているのではないでしょうか。

今の生活は、あなたに必要だからこうなってしまったのだと。

そうやっても最初からあきらめている人を、
私は今までに何人も見てきました。

だから、私はすべての人にオリジナルの体質改善カリキュラムを
作ることにしたのです。

あなたの生活や価値観を良く聞き、実行できることから
体質を変えてもらっています。

あなたに合わせたカリキュラムです。
できないわけがないですよね。

実際に、塾生の生活に合わせたゆるいカリキュラムでも、
体が変わってくると今までは「これがないとダメ」といって
いたようなものでも、いらなくなってきます。

「ママから塾に入って、冷蔵庫の中が全然変わった」
という人もいるんですね。

こういう人は、細胞も入れ替わっているので、

  • 疲れにくくなった
  • 体が軽くなった
  • 朝、目覚めやすい
  • 生理痛がなくなった
  • 化粧のノリがよくなった

などの、変化にも気がつくようになってきます。

 

あなたの人生を変えるママから塾

人は、たいだい3ヶ月間同じ生活をすれば、生活習慣になります

悪い習慣も良い習慣も『慣れ』とか『クセ』といって、
脳が順応するようにできているんですね。

だから、最初は生活に違和感があったとしても
3ヶ月を待たずして殆どの人が新しい生活習慣を身に付けます

「夜更かしだった人が早起きになった」

なんていうのは、当たり前にあるんですね。

たったこれだけのことで、「人生が変わった!」と喜ぶ人もいます。

それぞれの新しい生活習慣が出来上がるように、それぞれの価値観も
変わってしまうのかもしれません。

 

 

『健康な赤ちゃんを産むためのママの体づくり塾』では、
【健康な赤ちゃんはママの体作りから】をコンセプトに、
まずはあなたに健康でイキイキとした生活を送ってもらうことを
念頭においてアドバイスをしています。

 

疲れた体で赤ちゃんを産んでも、子育てが辛いだけです。

せっかく授かった赤ちゃんと、あなたが1日でも1時間でも
楽しい時間過ごすために、まずはあなた自身から健康になってくださいね。

 私が直接、あなたの体質改善のアドバイスをします。

 

ママから塾に関してご質問がある方は、下記からお問い合わせください。

お名前 [必須]

メールアドレス [必須]

メッセージ本文 [必須]

 

お問い合せはこちら TEL 054-624-4246 受付時間 9時~18時(土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • facebook
  • twitter
PAGETOP