あなたに足りないのは、シンプルすぎるほどの自然体!頑張りすぎてオヤジ化した女性の本能を、シンプルマクロビオティックで最大限に引き出します。
健康情報

アトピー性皮膚炎

私の子供の頃はなかったアトピー性皮膚炎ですが、たった30年位の間に、アトピーをもっている子の増えたこと。
30年で何が変わったのか、まずは昔に帰るところから始めてみませんか?

療養の順番

給食に限らず普段の生活も、お付き合いなどでどうしても 外食をしなくてはいけないこともありますよね。 敏感な人はアトピーと言わずとも、胃が気持ち悪くなったり、 風邪のような症状の出ることがあるのではないでしょうか。 &nb …

給食は外食だと覚悟をする

前回は乳児期のアトピー性皮膚炎の食事についてお話をしましたので、 今回は幼児期のアトピー性皮膚炎の食事にさいてお話をします。   ちょっと大きくなって味覚が肥えてくる幼児期は、 おかずや菓子は食べるけれど、 ご …

ミルクを飲んでいる牛乳アレルギーの赤ちゃんが気をつけることとは

次にミルクを飲んでいる赤ちゃんが、気をつけることをお話します。 正直、これは大変です。 何しろミルク自体が──乳製品と化学薬品でできたものだからです。   ミルクを飲んでいる赤ちゃんがアトピーの場合は、 とにか …

おっぱいの赤ちゃんが気をつけること

では、赤ちゃんのアトピーさんの場合をみてみましょう。 まず、乳児の場合。 赤ちゃんの食事は、おっぱいかミルクしかありませんよね。 与えるものが全く違うので、それぞれに方法が違います。   では、確認してみましょ …

アトピーが改善していく時の状態とは

アトピーさんの食事ですが、「まず○○が良いから食べよう」ではなく 「○○は、アトピーに良くないからやめよう」という考え方から始めましょう。 アトピーさんのクセとして、量を食べる傾向にありますので、 まずは良く噛んで量を減 …

後からでないと気付けない人

このブログ分からない読んでいる人の中には、 大人になってからアトピーの出た人もいるかもしれませんね。 残念ながら、毎日の生活で ご両親からいただいた体を汚してしまった人かもしれません。   そんな、あなたの生活 …

赤ちゃんのアトピーの原因は、赤ちゃんが教えてくれます。

ちょっと、買い物に出かけただけて、 ベビーカーに乗っている子どものアトピーが目立ちますね。 ほっぺを真っ赤にして、カサカサの肌。 それでも親が気づいていればいいけれど、 先日エレベーターで一緒になった人たちは、友達らしき …

Page 2 / 212
  • facebook
  • twitter
PAGETOP