前回に引き続き、喉を傷めやすい人の原因の話です。

・自律神経のバランスが悪い
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

何かにつけ、自律神経の不調は、体に影響を与えます。

よく言われるストレスなども、自律神経の不調の原因ですが、結局はホルモンが正常に働いていないのです。

ここで『ストレスが原因』と言ってしまうと、ストレスの原因探しになってしまいますが、全てはあなたの受取方次第と、現状を認めてしまうと楽になります

私も昔はあったのですが、ストレスが掛かると喉が詰まったり咳が出てきますよね。

ひどい時には、眠っている時に呼吸ができなくて苦しくなって目覚めることもありました。

 

これは、交感神経が常に有利になっている状態ですね。

本来は、そこまでいかないうちに、誰かに相談するのが良いでしょう。

しかし、誰にも弱みを見せられない時には、猫や犬、いなければぬいぐるみなどの柔らかいもの、暖かいものを抱くのがおすすめです。

「大人が?」と思うのは、その時点で、心が硬くなっている証拠ですよ。

もっと自由に発想を変えるだけでも、心は緩むものです。

あとは、爪もみという方法もありますね。

これは、爪の両脇を揉むだけなので、街中で信号を待っている時や電車に乗っている時、注文をした食事が出てくるまでのちょっとした時間など、どこにいてもできますね。

ストレスで声が出にくくなる人も、意識的に力を抜いて寝る前にリセットしたり、楽しい妄想をするだけでも全然違いますよ。

食と健康のメルマガ
∞魔女の家庭医学∞登録はこちら

あなたの体質と生活にあったオリジナル体質改善プログラムの作成はこちら。