喉を傷めやすい人が気をつけたいことの最後は、
血液の汚れです。

血液の汚れ
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

喉を傷めやすい人の血液は、良質とは言えません。

これは、花粉アレルギーになりやすい人の体質と似ています。

つまり、血液内に老廃物が多く、粘膜が常に炎症を起こしている状態なのです。

この老廃物は、動物性や砂糖の害ですが、喉が痛くなりやすいのは、砂糖の陰性の害が影響していると言えますね。

細胞が緩んで、粘膜が腫れているのです。

逆に肉が多い人は、同じ粘膜でも、鼻が詰まっているかもしれません。

副鼻腔炎などが、それに当たります。

でも、詰まっているばかりではなく、喉に膿が落ちて喉が腫れる人もいますので、細かいアドバイスをするには、個人を診ないと改善方法は難しいですね。

粘膜といえば、耳垢や目ヤニでも、老廃物の種類が分かります。

ベッタリとした耳垢や、糸をひくような目ヤニの出ている人は、動物性の脂の害です。

カサカサした耳垢や、硬い目ヤニは小麦粉のお菓子や砂糖が多いときですね。

アトピーの人は、体質によってどちらかの耳垢に別れると思いますが、老廃物が多いので、すぐに耳垢で耳の穴が塞がってしまいます。

ただ、アトピーだと粘膜が弱いので、傷をつけないように、充分に注意をしてくださいね。

 

食と健康のメルマガ
∞魔女の家庭医学∞登録はこちら

あなたの体質と生活にあったオリジナル体質改善プログラムの作成はこちら。