今日は、月から受ける陰陽を天体の位置からみてみましょうね。

ほとんど私の趣味のような話になっていますので、興味のある人だけ読んでください。

 

始めに、なんで、こんな話をするのかということをお話しますね。

岡部賢二さんの著書の中に、新月や満月の位置によって、なぜ陰陽のエネルギーが働くのかということを、図で分かりやすく説明してあるページがあるのです。

その説が、どうしても納得がいかないんですね。

何度見直しても、意味がわからないというか、私が受け取る宇宙の仕組みと違うのです。

だから今日の話は、あくまでも『私の感覚』としてお話をしますね。

 

岡部さんは、満月の時は頭に月があり、新月の時はも足元に月があるから、満月は陰性、新月は陽性だとおっしゃっています。

でも、地球は自転をしているので、その説明では条件は100%当てはまりません。

 

そのことが納得がいかなかったのですが、最近、星を読むようになって、陰陽の仕組みを感じたのです。

月の働きは、宇宙のエネルギーを受け取りにくい人でも受け取れる装置のようなものなのだと。

エネルギーを増幅する装置みたいな働きです。

 

それで、満月の時は太陽系の外側にいるので、刻々と広がっていく銀河からのメッセージを受け取るから陰性なんです。

新月のときには、太陽系の内側、というか太陽側にいるので、求心力や熱く燃える力をメッセージとして受け取るので陽性なんですね。

 

勘違いしないでもらいたいのですが、私の習っている星読みには月はありません。

でも、銀河とか惑星からのメッセージを読んでいたら、衛生の役割を感じ、そのことについて掘り下げたら、このような答えに導かれました。

 

月はあくまでも地球に付随するもの。
ラジオのアンテナみたいなものと考えるのが、近いように感じます。

だから、満月には銀河からのメッセージを、新月には太陽からのメッセージを受け取りやすいことになります。

ということは、アカシックレコードも、満月の時に受け取りやすいってことになりますね。

 

これは、あくまでも私の受け取った感覚なので、適当に受け流してくださいね☆

 

星読みに興味のある人は↓
http://cocotama-life.net/l/c/2eo8JHnm/UN58Fgq4

岡部賢二さんの本 これの19ページのこと
【月のリズムでダイエット】 
http://amzn.to/2yiBp2c

 

食と健康のメルマガ
∞魔女の家庭医学∞登録はこちら

あなたの体質と生活にあったオリジナル体質改善プログラムの作成はこちら。