私たちは、食べたもので作られています。

だから、自分に必要なサインを受け取りやすくなるためには、エネルギーのある物を食べるように心がける必要があります。

私は自然食品店なのであえていいますが、自然食品店の食材は、畑の土作りから製品の加工、出荷まで丁寧に作られています。

輸入の商品なら、コンテナを別にして消毒がかからないようにするなど、細心の注意をしながら、私達の食卓へ運ばれます。

そうやって、大切に扱われた食品は、溢れるほどのエネルギーがあるので、私達の体に入った時にも、素直なエネルギーを発しているのです。

 

付き合いで、たまに外で料理をいただきますが、素朴な料理ほど素材や調味料の味が分かるし、高級料理は、こねくり回した野菜の味が分からなくなっていて可哀想ですね。

形だけの料理はエネルギーも荒く、体の1部になった時に違和感があります。

これは、自分の持っているエネルギーと、料理からのエネルギーの差なのだと思っています。

あなたが気づかないというのであれば、あなたのエネルギーが荒いのかもしれないと疑ってみてくださいね。

 

何度もお話をしていますが、宇宙からのサインを受け取るためには、感覚が微細なほど多くの情報を受け取れます。

感覚が微細なら、新月や満月に関係なく、サインを受け取れるともいえますよね。

 

私はエネルギーを落とさないために、2つのことを食事で気をつけています。

1つ目は、エネルギーの高い食材を、使っているものを食べることです。

新鮮ということも大切ですが、作った人の想いもまるごと料理ですよね。

エネルギーの高い食材を丁寧に料理されたものは、食べた後に心が安らぎます。

 

2つ目は、丹田にエネルギーの貯まる料理を食べるようにしています。

食事そのものが陰陽に偏っていると、丹田にエネルギーが貯まらず、重心がぶれてしまいます。

自分の芯がしっかりしていて、天と地を真っ直ぐに繋ぐことができる料理が、私にとってのご馳走です。

だからといって、陰陽にブレる食事をまったくしないわけではありません。

陰陽に極端にズレるような食事をしても、中庸の食事をして体を中庸にすることで、常に芯を保っています。

 

マクロビオテイックをやっていると、動物性食品を食べないとか、砂糖や果物は食べないということばかりに意識がいってしまいがちですが、その食品がどのように作られてきたのかを意識することが先ですね。

そうやって、口に運ぶものに気をつけていると、芯がぶれないので、自分の必要とする宇宙からの
サインを受け取りやすくなりますよ。

試してみてねー☆