先ほど、頭の血管に負担を掛けない話ををていて思い出しましたが、
うんこをする時に(唐突、過ぎました?)息を止めていきむ人も、
頭の血管に負担を掛けます。

こんなことでも事故が起きているのですから、
人ごとと思わずに聞いてください。

うんこをする時は、フーと深く息を吐きながら下腹に力を入れると、
意外とスルリと出てくるものです。

大きく息を吸って、ハイ、もう一回。

フー。

あれ? 何かに似ている。

そう、出産のときのいきみと一緒なのです。

 

だから、出産の時も息を止めて「んんっ!」なんていきむと、
自分も辛いけど赤ちゃんも辛い。

でも、フーっと息を吐きながら赤ちゃんのリズムを感じると、
赤ちゃんが産道から出てくる時の髪のザラザラとなでるのも、
途中で止まって肺に溜まった羊水を吐いているのもハッキリとわかります。

つまり、赤ちゃんもうんこも、相手のに話しかけながら
リズムをつかめばスルリと出てくるということです。

高齢になるとリスクがつきものと言われる出産も、
こうやって工夫をすれば軽減できるので、覚えておいて下さいね。

 

あれれ?違った。

頭の血管に負担を掛けないように、普段から生活は気をつけましょうね、
というお話でした。

 

↓お役に立てたらポチッとクリック

健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村