前回、冒頭でお話をした『気をつけて食べるものの働き』は、覚えていますか?

では、具体的にどんな食品が良いのか、お話をしていきましょう。

ご飯とお味噌汁のシンプルな食事が、代謝や排泄力を高めます。

 

・代謝をよくして、排泄力を高める
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

これは、ミネラルを多く含む海藻類、特にヌルヌルの多い根昆布、がごめ、ふのりなどがおすすめです。

一般的には、代謝に酵素が必要だと言われています。

しかし、酵素だけでは働くことができないのです。
それが補酵素で、ビタミンやミネラルのことですね。

果物や野菜からビタミンを摂るのも良いのですが、日本の土壌は比較的栄養が少ないので、野菜そのものにも栄養素の少ないのが現状です。

そこで、日本人は昔から海水から作られた塩や、海藻からミネラルを摂る生活をしてきたのです。

他にも、味噌や醤油などの発酵調味料は、酵母そのものがビタミンを作り出す働きがあるので、そういうものから、毎日補酵素を摂り入れていたのです。

また、代謝に欠かせないエネルギーは、穀物から作ってきました。

昔は穀類を精米をせずに食べていたので、玄米に含まれるビタミンやミネラルだけでも、充分に補うことができたのですね。

また、食物繊維も海藻からは水溶性を、穀類や野菜からは不溶性を摂り入れていました。

つまり、主食の玄米と副食の味噌汁。

箸休めに、たくあんや梅干しなどのシンプルな食事のほうが、代謝や排泄力が良い食事と言うことになります。

 

食と健康のメルマガ
∞魔女の家庭医学∞登録はこちら